2020年1月21日火曜日

台灣石鮒




今年最初の海外は台湾北部、台北へ。




台灣石鮒こと、タイワンタナゴ。

個人的にずっと釣りたいと思っていた魚だけど、やっと機会に恵まれた。




今回の旅の模様はHuercoマガジンにて掲載中です!


大都会の片隅で小さな宝石たちに出会う in 台北

↓↓↓



是非こちらも見てみてね♪



ピーチのセールで関西~台北が片道二千円!

あまりの安さにリアクションバイトしてしまった今回。


台北を訪れるのは始めてだったけれど、
日本に比べて物価も安く、ご飯も美味しい。

台北市内だと電車を乗り継いで行けるタナゴポイントも多く、
観光ついでにゆる~りと楽しませてもらった。




次は黄鰭かな~

他にも釣りたい魚がいるので近いうちにまた…

2020年1月8日水曜日

中国遠征2019…イエローチーク。




昨年末のお話ですが、自身初の中国に行ってきました。

目的は勿論、釣り!!


そして、今回のお目当てはこの子…




イエローチーク、現地名はガンユイ。

クチバシのような尖った口に、黄色いほっぺがチャームポイント。

かなり大型になるコイ科の魚で、
その食性は完全なるフィッシュイーターなのだという。


ガンユイの釣りと言えば、
中国、上海の長江河口に位置する明珠湖が有名。


ロシア~中国~ベトナム、かなり広域に棲息しているらしいが、
釣りとしての情報は殆ど出回っておらず、掴みどころの少ない謎多き魚だった。

そして近年は乱獲や環境破壊の影響で数は減少しているという。


野生個体を自力で探して釣るとなれば、
この魚を取り巻く環境をはじめ、様々な要因からハードルはかなり高いだろう…

お国柄いろいろと面倒ごとも多いだろうし、現地に協力者が居なければ…なかなかに難しいだろうな。


もしいつか機会あれば…

と、自分の中で幻の魚と化していたガンユイ。



きっかけは昨年のHuercoカフェだった。


「イエローチークを釣りに来ないか?」


マカオを拠点に活動するHuercoチームの友人に声を掛けてもらった。


イエローチーク、所謂ガンユイの存在は以前から知っていたし、
自分の中でいつか狙ってみたい・釣り上げてみたい魚の一つだった。


話を聞くと彼らが苦労して開拓したポイントらしく、釣り荒れる前にできるだけ早く来い!!とのことだ。


タイミング的に南米帰りということもあって極度の金欠状態…

本当はとてつもなく行きたいのだけれど…



「わかった!一年後に行く!!」



とりあえず、そう答えたまま時間が過ぎた。


その時以降、ガンユイのことはいつも頭の片隅にあったが、
あの時彼らが言っていた釣り場がまだ大丈夫なのかな…??


マカオの友人にメッセージを送ると…



「丁度、釣れ出した!」


「直ぐに来い!今週末だ!」



良い返事だが、急すぎる…笑



しかし、ガンユイに出逢えるのであれば願ってもみない。


気がつけば、LCCの格安チケットをポチ…



チケットを手配したのが2日前。


ドタバタで準備を済ませ、
気がつけば出国カウンターの前に座っていた。




ここからは関空から香港まで飛んで、バスでマカオへ。

そこから中国へ移動して…


ドタバタ過ぎて、もうなんだかよく分からん。


そんなこんなで、
マカオの友人達の協力もあって目的の水辺に立つことができた。


ガンユイの反応が良いのは朝夕マズメ。

広範囲をポッパーで探り、シャローミノーやシンペンでフォローを入れていく。


回遊性が強く、神出鬼没なガンユイ。


初日の朝マズメは不発だったが、
ポッパーを投げ続けていると、パッカーーーン!!と、水面が割れた。




セブンスターバスこと、タイリクスズキ!!

群れが回ってきたのか、次から次へと水面が炸裂!








アンダーで釣れた唯一のイッピキ。

案内してくれた友人が貸してくれたマレーシア製のミノーにて。




日本国内で既に何度か釣ったことあるけれど、
いつかは本場で…そう思っていた魚なので嬉しい!!


雷魚も釣れるよ~ってことで、
本命狙いの合間にフロッグゲームも…




バフッ…と、フロッグを吸い込んだのは、
東南アジア圏でもお馴染みのストライプドスネークヘッド。




プラーチョンとかハロワンの方が馴染み深い人も多いかな?




バッコバコにアタックしてくるもんでなかなかに楽しい…

溜まりに溜まった雷魚釣り欲を存分に発散させてもらった。


日本の雷魚シーズン開幕が待ち遠しいな~笑



そして本命のガンユイはというと…




二日目の朝一、
遠投したポッパーめがけて…ズバーーーン!!!

ヒット直後のダッシュはとても早く、PEラインが音を立てて水面を切り裂く。


憧れだったガンユイを手にした瞬間、友人と抱き合って喜んだ。




それにしても、ガンユイ。

想像していた以上にカッコいい魚だな…


弱りやすい魚なので、
素早く写真撮影を済ませて即リリース。


元気よく帰っていってくれて良かった。



結局、三日間の実釣でキャッチできたガンユイは一本のみ。

チェイスはあるけど見切られたり…もしくは出てもノラない。

ガンユイの硬い顎にいかに掛けるか、貴重なバイトをモノにするために…

タックルセッティングがとても重要な釣りだったな。



今回の釣りで使ったロッドはHuercoのXT610-4C+。

マカオチームのオススメもあってのチョイスだが、
陸っぱりで1オンス前後のポッパーをかっ飛ばして広範囲を探っていく釣り、
太軸フックをガンユイの硬い顎に貫通させなければならないため、間違いないチョイスだったと思う。

リールは海外遠征の相棒で操作系の釣りでは欠かせないハイギア、USシマノのCUADO200E-7。

メインラインはPE4号にショックリーダーはナイロンの60lb。

フックはできるだけ太軸でシャープな方が良いとのことだったので、
デコイのY-S81シリーズとイチカワのカマキリトレブルの88X5を装着。

ルアーはトップ系をメインにミノーやシンペンなども準備したが、
シャロー×ウィードエリアだったこともあって、ほぼポッパーで押し通した。


今回キャッチできたのはメーターを少し超える、ガンユイとしてはまだまだ可愛いサイズだったが、
モンスター級のヒットも考えるとロッドはXT710-5Cでもいいと思う。


ちなみにモンスター級を狙う彼らのメインロッドは710!!




案内してくれたHuercoマカオチームのみんなに感謝!!

本当にありがとう!!次は日本で♪

2020年1月6日月曜日

初釣り。



2020年、初釣り!!

近年は狙う釣り人も増え、
なんとなく個人的に遠ざかってしまった釣り。




数年ぶりの再会かな?


厳つい見た目が堪らない…

やっぱり良い魚だな~コブダイ!!




Huerco XT710-5C × シマノ 旧カルカッタコンクエスト400。

メインラインはPE8号にハリスは130lb。


久しぶりのガチンコファイトはやっぱり強烈!!

タックルがタックルなだけに一瞬で勝負がついてしまったけれどね。笑


魚も元気よくかえっていってくれて良かった。


寒い中、初釣りに付き合ってくれた友人に感謝です!

そんなわけで、2020年もかっ飛ばしていくぜ!!

2020年1月1日水曜日

2020年!!



新年、明けましておめでとうございます!!




初釣りはまだですが、
2019年〆の海外は自身初の中国にてワイルドガンユイ!!(有名な明珠湖じゃないよ。)


案内してくれたHuercoマカオチームに感謝!

めちゃくちゃカッコいい魚でした。


今年もまだ見ぬ魚を追いかける!!

というわけで、2020年も宜しくお願い致しますm(__)m

2019年12月27日金曜日

2019年、ラストスパート。



今年も残りあと少し!

公私共にバタバタな一年でしたが、
隙を見つけては釣りに行っていたので、秋~冬に出逢えた魚たちをダイジェストでご紹介!




100分の1の確率…自身初の透明鱗アブラボテ!

釣り上げた瞬間、テンパりすぎて後ろに転げながらキャッチ!笑


晩秋の古都にて楽しすぎる一日を満喫させて頂きました。

透明鱗チャレンジに付き合ってくださった I さん、ありがとうございましたm(__)m




秋といえばこの子達も。










〆はジョイクロで、ギュン!ギュン!ギュン!…ズドン!!


なんだかんだで今年も楽しませてもらったな~


う~ん、また来シーズン!!




南紀方面、ふらっと立ち寄った小規模河川にてメッキ釣り。

本命以外にもいろいろ釣れちゃうから、アレもコレも…って、
つい時間を忘れて竿を振ってしまうんよねー

一種類の魚をストイックに追い求める釣りよりも、個人的にはこういう釣りのほうが好き。


来年こそは八重山方面にも帰りたいな~




遅ばせながらもDJU!!

711&711+で掛けて掛けて掛けまくり!

今年も入れ食いを楽しませてもらって美味しく…


いやー、DJUでタチウオ!最高です!!




仕事終わりの癒しタイム。

一応はアジ狙いで可愛いサイズがエンドレス。

バクシンさんの趣味ワーム強し!

途中から可愛いゲスト達と遊ぶのが楽しくて、
気がつけば本命の写真を撮っていなかった。


ルアーでイワシ釣るのが一番面白かったりして…笑




暗いうちから準備して、寒い!寒い!!
言いながらも始まれば超ホットになれる釣り。

冬の風物詩、アラハダことアカカマスは超絶美味かった!

ロッドはアラハダスペシャル(笑)こと、HuercoのMG800-6S。

ルアーはYO-ZURIのエバシャッドならぬ懐かしのアームズシャッドに、エコギアのグラスミノーM&L。


楽しい釣りに連れて行ってくれたカンちゃん、いつも本当にありがとう!!




時期的に牙生えた子が釣りたくて、頑張って早起きしたんだけどなー

牙生えてない子達が入れ食い。ちなみに餌はダイソー、ジグロック30g!!




そう言えば、今年からヒイカ道場に入門しました。

イカパンチ!イカパンチ!からの、カウンターキーーーック!!

手が悴んで動かなくなるまでエンドレスイカパン!!


最近はHuercoのMGシリーズばかり握ってたけど、
中でもバーサタイルなMG700-5Sが大活躍。

装備最小で気軽に遊べるライトゲームをよりお手軽に。


出張の合間や、通学や出勤前後のチョイ釣りに!

カバンに忍ばせておくと活躍してくれること間違い無しですよ♪




デカアジ狙いのキャロにて嬉しいゲスト!

船からしか釣ったことなかったけれど、相変わらず良い魚♪




確立できたら良いのにな~ショアホウボウ!!



そんなこんなで2019年も残りあと少し!


今年も多くの出会いがあり、公私共に充実した一年となりました。

お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。


来年度の予定もほぼ決定!

久しぶりにあの国に戻れそうなので、今から楽しみで仕方ない…


こんなワタクシではございますが、2020年も宜しくお願い致します。

2019年12月25日水曜日

東パプア釣旅2019 その9…別れ。




この地での釣りが終わり、あとは帰るだけ。




次の日の昼過ぎの便で出国なので、
この日のうちにポートモレスビーに戻らなければならない。


荷物のパッキングを終えて村の停留所に向かうと、
おっさん、奥さんと娘達、キャプテンやスキッパーの兄ちゃん。

みんなが見送りに来てくれた。


最後はPMBに乗って感動のお別れ…の予定やったけれど、肝心のPMBが停まってくれない。

通りかかるPMBを片っ端から停めにかかるも既に満員状態で乗せてもらえず。。



そんなこんなで気がつけば辺りは真っ暗に…

今日はダメだな…停留所にいた他の客は諦めて帰っていき、気がつけば自分達だけ。


考えが甘かったな。まさかこんなに苦戦すると思わなかった。。


奥さんがご飯を作ったからウチにおいでーと、呼びに来てくれたり、
蚊除けのためにみんなが火を起こしてくれたり。


最後の最後までお世話になってしまったな~

いろいろあったけれど、みんなやこの村ともお別れか…



シンミリしているとおっさんが一台のトラックを捕まえた。


マッドグラブ(ノコギリガザミ)の輸送トラックらしく、荷物の空きスペースであれば乗せてくれるとのこと。


「いろいろあったけれど、お前達と過ごした日々は楽しかったぜ!またな!!」

「ああ。おっさんもありがとう!!」


おっさんと握手を交わし、荷台に乗り込むとトラックは猛スピードで急発進!


みんなのライトの光はあっという間に見えなくなった。


暴走トラックに揺られる事、数時間。


深夜過ぎにはポートモレスビーに到着し、安宿に転がり込んだ。


帰りはフィリピンを経由し、マニラで一泊した後に日本へ。

今回は無事帰国することができた。


最初は物価が高く、貧乏旅に向かない国だなーと思ったけれど、
人は優しく、自然も豊か。

一度訪れれば、何度でも再訪したくなる気持ちが分かる気がする。




思い起こせばいろいろあったけれど、終わってみればほんと楽しい日々だった。

二年連続でパプアに行ってしまったけれど、まだまだパプアの旅は終わらない。


あの魚たちに出逢うまではね。

2019年12月21日土曜日

東パプア釣旅2019 その8…白銀の巨躯。




早いもので最終日。


慣れ親しんだ村やみんなともあと少しでお別れ。

この地での釣りも今日が最後だ…


午前中の釣りはアタリもカスリもせず。

夕マヅメ、下げ潮のタイミング。





キャプテンのチョイスでやってきたのはメインリバーの河口域。

数百メートルも下れば海だ。


釣りとしては岸際、マングローブ帯の流し打ち。

結んだのはラパラのCDマグナム14。


良さげなピンが次から次へと出てくるが、
川の流れも相まってボートは結構な速度で流されていく。


ボートの進行速度を考えた上でトレースするコースを見極め、
確実にキャストを決めていかなければならない。


しばらく流し打ったが反応は無い…





目に入る汗や、サンドフライの猛攻も気にならない。


ミスキャストは命取り。とにかく集中した。



マングローブの根っこが張り出したピン。


誰がどう見ても間違いない場所に奴は潜んでいた。



CDマグナムを送り込み、
強く、巻きジャークをいれた瞬間だった。



…ドグンッ!!



ライン、そしてロッドを介して強い衝撃が伝わる。


反射的にフッキングを決め込んだが、
奴は手前側へ、ボートに向かって一気に突っ走る。


糸ふけを全力で巻き取ると同時にズシリと伝わる重量感。



デカい魚に違いはなさそうだ。


幾度と無く強い突っ込みを繰り返したが、ジワジワと距離は縮まっている。


あと少し…


一気に浮かせ、ランディング体勢に入った。


目の前で浮上する白銀の巨躯。




…ドバッシャーーーン!!!




!!!ガバガバガバァァァ!!!




…ズバッシャーーーン!!!




デカい…


手が、足が震える。



「いたるさん!お願いします!!」


「よっしゃ!任せろ!!」



最後の最後はいたるさんがボガをガッチリはめ込んでくれた。





いつかは…

目標としていたサイズを軽く超えてしまった。




Huerco:XT605-4C
SHIMANO:スピードマスター200
VARIVAS:アバニマックスパワー#6+ナイロンショックリーダー100lb
RAPALA:CDマグナム14





今回の旅を〆てくれたのは白銀の巨大バラマンディ。

日本で慣れ親しんだアカメとはまた違ったカッコよさ。


キャプテン…「良い魚だ!やったな!おめでとう!!」


こんなに良い魚を釣っといて、パプアンバスが本命だから…なんて言ったらバチがあたるね。

バラマンディ…本当にカッコいい魚だ。ありがとう。





「今回は残念だったが、また戻って来い。俺達はいつでも付き合うぞ。」

「ああ、また必ず戻ってくるさ!その時こそはパプアンバスを!!頼むぜ!キャプテン!」